引用元:今までにあった修羅場を語れ【その23】

778名無しさん@おーぷん2017/08/28(月)02:49:18 ID: ID:tgE

亡くなった嫁の手紙を、捨てられたとき。
嫁が30ちょっとでなくなった。当時息子も娘も保育園の年齢。
病気だったから、準備の時間があって、俺、息子、娘にそれぞれ一年ごと、そしてイベントごとの手紙を書いてくれていた。
息子と娘は20才までと結婚、就職、親になったとき。
俺には60才までと再婚したとき、退職したとき、祖父になったとき。
一つ一つは長くないけど、毎年本当に楽しみに読んでいたし、これがあるからしにたいとおもってもしねなかった。
誕生日の手紙も律儀にちゃんとその都度読んで、先に読んでしまうことはしなかった。
ところが家が浸水してしまい、手紙がびしょびしょで復活できない状態。
それでもどうにか…と思っているうちに捨てられてしまった。
魂が抜けたかと思っていたら、息子が手紙の写真?携帯でとったやつを持っていた。
震災のニュースを見ていて、写真や手紙もデータにしとけば万が一のときも残る可能性があるなと思って、中身は極力読まずに撮っておいてくれたらしい。
バックアップも複数してあるそうで、もし息子の携帯が壊れてもみられるんだとか。
それをきっかけに、今まで見なかった嫁個人の日記というか、入院中に書いていたノートのデータを見た。
辛い苦しいみたいなことも書いてあるんだけど、そのあとに必ず「でも私で良かった。病気になったのが息子や娘、旦那じゃなくて良かった。神様、ナイス!」と書いてある。
「もし旦那がしんでしまったら、私は弱いしだらしないから、息子と娘を立派に育てることはできないだろう。旦那に任せていけるからなにも心配ないね。
あーでも二人の成長を見たかったなぁ。息子が水に顔をつけられるようになるの見たかった。娘が話すのを聞きたかった。
誕生日の手紙、とんちんかんなこと書いてたらごめんね。二人がどんなふうに成長してるかわからないから、妄想。
生まれ変わらずに待ってるから、100年後くらいに、あったことぜんぶぜんぶ教えてね」
と書いてあった。
100年待たなくても、俺が教えに行く。
ただ娘と息子のこと、なるべく多くのことを伝えてやりたいから、絶対に長生きしようと思う。




ふよ速人気記事



779名無しさん@おーぷん2017/08/28(月)06:44:34 ID: ID:vRF

>>778
頑張って。




780名無しさん@おーぷん2017/08/28(月)07:43:55 ID: ID:8VC

>>778
ご家族みんなの健康と幸運を祈ってる




781名無しさん@おーぷん2017/08/28(月)10:04:12 ID: ID:tgE

>>778です
ありがとう。
夏休みといっても毎日部活、バイトばかりの子供たちだけど、楽しそうでなにより。
皆も大事なものは、携帯で撮っておくといいよ!




782名無しさん@おーぷん2017/08/28(月)12:23:29 ID: ID:f21

>>778
誰が捨てたか書かないのか




783名無しさん@おーぷん2017/08/28(月)23:35:47 ID: ID:tgE

ごめん、>>778です。
誰が捨てたか書いてなかったから、これだけ。
浸水でけっこうひどかったから、地域の男衆で手分けして近くの家の掃除をしてたんだけど、それで捨てられちゃったみたいだ。
泥の中だったし、ぱっと見手紙にはみえないし、その人たちに罪は全くない。
たぶん救いだしていたところで、あの状態じゃ乾いても読めなかったし、バラバラと言うか溶けてしまっていたと思う。
ちなみに再婚もしてないし、予定もない。
24時間テレビたまたま着けたら同じような家族が出ていて、思い出したので書かせてもらった。見てくれてありがとう。




アクセスが多い人気記事!

アンテナサイトを経由して記事に移動します


  • このエントリーをはてなブックマークに追加