引用元:何を書いても構いませんので@生活板55

147名無しさん@おーぷん2018/01/04(木)22:18:00 ID: ID:gRj

私はある遺伝性の難病(日常生活は普通にできる)を持っていて結婚はしないと決めている。
そんな私の事情を知る独身40代半ばの友達がふたりいて、気兼ねなく旅行に行けたりもしたし
仕事も順調で職場の仲間も事情を知っているので、余計なことを言う人もなく
それなりに順調に暮らしていた。
そんな折、友人ふたりのうちのひとり、Aが結婚することになった。
ちなみにネットでよく言われる介護要員としてのバツイチが相手とかそう言ったものではなく
古い友人と再会して一気に結婚に向かって意気投合したらしい。まさに縁。
そして私はと言えば思い切って新築マンションを購入した。
おひとり様人生を考えての住まいの確保としてずっと考えていたこと。
ここでもうひとりの友人Bの態度がガラッと変わった。
「なによ、自分らばっかり。私はどうしたらいいの?」って言われてビックリ。
最初意味が分からなかった。
Aの事は半年ぐらい前から聞かされてたから突然でもなかったし
私も父が亡くなるずっと前からなるべく早いうちにマンション購入したいって話はしてた。
Bは独身3人組でいつか一緒にどこか借りて、老後を3人で過ごしたい、楽しいだろうなぁ~って
そんな夢を見ていたって初めて聞かされて二度ビックリ。
夢を見るのは勝手だけど、私には現実的には思えないし考えたこともなかった。
確かに3人仲が良かったけど、ある程度の距離があったからであって
一緒に暮らしても仲良くやっていけるかどうかって言うと疑問だし
老後にそんな大冒険は私は出来ない。
「ねぇ、そういうのも考えてみない?」って言われて、そんなふうに答えたら泣き出して参ったわ。
B、貯蓄もあまりなくて老後のことを考えたら不安で不安でしょうがないんだって。
不安は私だって分かるけど、だからこそ仕事頑張って貯蓄も頑張って
ひとりでも生きていけるようにずっと考えてきたんだけど。
「なんかあったら住まわせてくれる?」って言われて、正直背筋が凍った。
「悪いけどそれはあてにしないで欲しい」って言ったら「酷い、裏切られた気分」って更に泣かれた。
裏切ったつもりなんてないのに。
Aともその後ふたりで話したけど、Bとは申し訳ないけど距離を置くことにした。
B、あるタレントの追っかけを何十年もやってるんだけど、その為に遠征とかも毎年してて
だからてっきり独身なりの経済的余裕があるんだろうなと思ってたわ。




ふよ速人気記事



アクセスが多い人気記事!

アンテナサイトを経由して記事に移動します


  • このエントリーをはてなブックマークに追加