引用元:今までにあった最大の修羅場 £91

130名無しさん@HOME2013/08/26(月) 10:37:07.53 ID:

救急車話しに便乗。

母に誘われ、生まれて初めて登山した。
夫からは止められたんだけど、何もわかっていない私は呑気に出かけて行った。
リアルロッククライミングな山でゼイゼイしながら何とか登ったが、下山途中に足を捻挫し動けなくなった。
母に一人で下山して、助けを呼んで来てくれるようにお願い。
管理の人が来てくれ「自力で下山出来ませんか?ここからレスキューで下ろすのは無理なのでヘリで吊り上げになります」と
言われ、消防に連絡さ下からはレスキュー隊の鳴り響くサイレンと上空からはヘリの爆音。
たかが捻挫で大量の税金を使ってごめんなさいと心の中ですごい修羅場だった。
搬送先で警察官から勤務先を聞かれたのが第二の修羅場。

行った先は苦行で有名な山で毎年落山して死者が出ていると言うのは後日知った。




134名無しさん@HOME2013/08/26(月) 11:28:08.68 ID:

>>130
ヘリで吊られるとかすごい経験だわw

山の名前は具体的に書いてもいいと思うんだけどな




135名無しさん@HOME2013/08/26(月) 12:14:34.54 ID:

個人特定されやすくなるじゃんw

ところで、あれってあとから請求来るんじゃないの?
そのための保険に入っておくとか。




136名無しさん@HOME2013/08/26(月) 12:21:47.48 ID:

>>135
民間のヘリなら請求されるけど、警察のヘリなら無料




139名無しさん@HOME2013/08/26(月) 13:18:00.99 ID:

>>136
thx ひとつかしこくなった。
いい機会だしあとでしっかり調べておくよ。




137名無しさん@HOME2013/08/26(月) 12:22:09.73 ID:

話を聞いていて谷川岳かと思った
エベレストよりも死者が多いギネス認定されてる魔の山
宙吊り遺体収容で検索するといろいろ出てくる




138名無しさん@HOME2013/08/26(月) 13:10:51.42 ID:

谷川岳のwikiが既に恐ろしいい

谷川岳(たにがわだけ)は群馬・新潟の県境にある三国山脈の山である。

谷川岳の標高は2,000mにも満たないが、急峻な岩壁と複雑な地形に加えて中央分水嶺のために天候の変化も激しく遭難者の数は群を抜いて多い。
ただし遭難者の多くは一ノ倉沢などの岩壁からの登頂によるもので一般的なルート(天神尾根)は殆ど危険な個所もなく遭難者も少ない。

遭難者慰霊碑
1931年(昭和6年)から統計が開始された谷川岳遭難事故記録によると、2012年(平成24年)までに805名の死者が出ている。
ちなみに8000メートル峰14座の死者を合計しても637名であり、この飛び抜けた数は日本のみならず世界の山のワースト記録としてギネス世界記録に記載されている。

こうしたところから、谷川岳は「魔の山」「人喰い山」「死の山」とも呼ばれる。
遭難の防止のために群馬県谷川岳遭難防止条例が制定されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/谷川岳




アクセスが多い人気記事!

アンテナサイトを経由して記事に移動します


  • このエントリーをはてなブックマークに追加