引用元:百年の恋も冷めた瞬間 Open 7年目

575名無し2018/01/31(水)11:49:09 ID: ID:IHc

大学時代の卒アルが出てきて、思い出した話。
学生時代に男友だちの友だちっていう間柄の男性と付き合った。
こちらは田舎で一人暮らしの大学通いで、向こうは都心部から転勤で配属された社会人。
数年後はまた都心部に戻ることは決まっていた。
車であちこち連れてってくれるし、寂しいとき側にいてくれるし、落ち着いたものの考え方するし、
ずっと一緒にいてあげるよって言われて、すごく好きになっていた。
そして田舎者の私。いつか都心部へ連れてってくれるんじゃないか、って秘かに期待していた。
だから尽くした。

しばらくしてから紹介してくれた男友だち含め、何人かで彼の部屋で宅飲み開催。
たくさん料理作ったりしてて疲れてたので、ちょっと飲んで速攻で横になる私。
男友だちがふと「お前らいつも一緒にいるよな~」と茶化すと、

プフッと笑って「こんな田舎勤務で、女のひとりもいないと面白くないじゃん」と彼氏の声。

へーほーふーん。あのね~。私寝てないよ~。
こんな酒量じゃ寝ることないよーだ。
寝たふりこいてしっかり聞いちゃう私。

彼氏の本心が透けたので、夢から覚め、別れることにしました。
ちょっとロミオってきたけど、私の大学卒業前に無事に彼の方が都心部へ帰ったわ。




ふよ速人気記事



576名無しさん@おーぷん2018/02/04(日)12:16:56 ID: ID:ozL

>>575
男の部屋で横になるとか、そういう女が自分の彼女だったら冷めるわw




577名無しさん@おーぷん2018/02/04(日)13:13:00 ID: ID:zuc

自分の部屋で彼女がちょっとうたた寝するのも許さないなんて素敵ですね




578名無しさん@おーぷん2018/02/04(日)13:21:43 ID: ID:zZA

本当ちっちゃい奴




アクセスが多い人気記事!

アンテナサイトを経由して記事に移動します


  • このエントリーをはてなブックマークに追加