引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part91

632名無しさん@おーぷん2018/02/22(木)12:44:36 ID: ID:Hys

傍から見たら馬鹿みたいな相談なんだけど、
家で筋トレしてると彼女が応援してくるのを
やめさせるにはどうしたらいいかな?

今月から同棲を始めたんだけど、
俺が趣味の筋トレを始める度にわざわざ寄ってくる
初めは見学してるだけ(それでも嫌だけど)だったけど
最近では「がんばれ」とか真剣に応援してくる

三部屋あるまあまあ広い住まいだから
そのうちの一室にこもってトレーニングを始めるのに、
彼女はその気配を察知するとわざわざ寄ってくる

筋トレ中は限界を超えるために
鼻水吹き出すくらいすごい形相してるから見られたくないし、
気が散って集中できない

これが仲のいい友達感覚の彼女だったら
「やめろww邪魔だからww」って言えるんだけど、
彼女は真面目+天然系だから
注意したらマジのダメ出しみたいになると思う

応援も真面目に真剣にやってるみたいだから
「やめてほしい」って言ったら多分落ち込む、
できればそれは避けたい
このタイプを傷つけずに注意するにはどうしたらいい?




ふよ速人気記事



633名無しさん@おーぷん2018/02/22(木)12:54:57 ID: ID:6jm

秘密の特訓だから誰にも見られたらいけないんだ!
とか冗談めかした理由言ってみたら?




634名無しさん@おーぷん2018/02/22(木)12:57:34 ID: ID:kS3

彼女が料理してる時、お風呂入っている時、就寝後等の
彼女がその部屋に来られない時間ではダメ?
そんな短時間のトレーニングでは無いということかな?
邪魔とか気が散るって言い方じゃなくて
「筋トレは集中したいから一人で籠りたい」と話しても傷付くなら
物凄~~~~~~く面倒くさい彼女だと思うよ




635名無しさん@おーぷん2018/02/22(木)13:11:03 ID: ID:Hys

>>634
食事等々との兼ね合いも考えて
トレーニングのタイミングも管理してるから、
隙を見計らって…というのはあんまりやりたくないかな
それにどうせ1時間以上やるしね

「筋トレは集中したいから一人で籠りたい」
って真面目なトーンで話したら
「そっか…迷惑かけてごめん…(マジ凹み)」
というリアクションが想像できてしまう

だから>>633みたいにおふざけトーンで話すのいいかもなぁと思った
面倒くさい彼女だよねうん…でもそこが良いところでもあるんです…




636名無しさん@おーぷん2018/02/22(木)13:21:22 ID: ID:VlX

彼女はかまって欲しいそばにいたい派なのかな
いつ終わるか分からないトレーニングを独りで待つの不安なのか

私よりトレーニングが大事なのかな?
あ、なら応援という体でそばにいよ♪とか思ってるかもね

今から〇時までトレーニングするねとか、
毎日〇時から〇時はトレーニングタイムとか言って
時間決めてやるとかはどうかな
もちろんトレーニング終わったら彼女に、
集中させてくれてありがとう!すごい捗ったよ!
とか言うの忘れずにw




637名無しさん@おーぷん2018/02/22(木)13:28:36 ID: ID:Hys

>>636
いや彼女の性格から推察するに
「彼氏が苦しそうな顔で頑張ってるから応援しよう」
というシンプルな理由だと思われる
純粋な好意みたいだから断り方に悩んでる
とりあえず>>633は試してみる




638名無しさん@おーぷん2018/02/22(木)13:40:11 ID: ID:bLs

慣れて気にしなくなるのがベストじゃないかな。
一人きりのプライベートを大切にしたい気持ちは判るけど、
同棲って他人には見せたくないプライベートまで踏み込んで共有してみて
相手と家族になれるのか考えるための段階でしょ?

ここで自分の日課を優先して、踏み込んでくれてる相手を閉め出したら
後々に大きな問題を残すと思うんだよね。

とはいえ、何もかも明け透けに気にしなくなるのも問題だし
筋トレがあなたにとってどれ位大事なのか判らないから、
もしかしたらそこは一線引くべきなのかもしれないけど。

もしどうしても断りたくて、且つ傷付けたくないなら、
大切なのはお互いが共有しているプライベートの収支が
偏り過ぎない事じゃないかな。

相手の踏み込みが克ちすぎると、自分の時間が欲しくなるものだし、
相手の踏み込みが浅いと感じてたら、そのうえ拒否ひとつで
愛情不信にさせてしまうかもしれないよ

同じだけの関心で相手のプライベートに踏み込んだら
相手の見られたくない日課に気が付くかもしれないし、
同じ状況に立てれば、断りたい気持ちも判って貰えるんじゃないかな。




639名無しさん@おーぷん2018/02/22(木)14:06:16 ID: ID:Hys

>>638
「プライベートな時間を大切にしたい」
という類いの気持ちではないよ
例えば
「寝転がって漫画読んでるときに彼女が傍にいるの嫌だ」
みたいな系統の話とは違う

単純に、すごい形相でうめき声あげながら苦しんでる姿を
見られたくないだけだよ
逆に言えば彼女の目を気にしてかっこつけようとすると
有意義なトレーニングができないし




642名無しさん@おーぷん2018/02/22(木)15:42:06 ID: ID:uM4

・鶴の恩返しみたいなことだよ!と言ってみる
・たまに公開トレーニング日を作る




640名無しさん@おーぷん2018/02/22(木)15:05:20 ID: ID:cr8

筋トレって気が散ると危ないと思うんだ
怪我するからって言えないものか

これから毎日のことだろうに
一回ぐらい凹んだって言わないとわからないよ
一緒に住むようになったら実は気にかけず放置かも




644名無しさん@おーぷん2018/02/22(木)15:51:23 ID: ID:Hys

>>640
「怪我するから」って遠回しでいいかも
言ってみる
それでも伝わらなかったらストレートに話すよ




652名無しさん@おーぷん2018/02/22(木)18:58:28 ID: ID:QkX

なんだかんだ幸せそうでむかつくわ(・ω・)




645名無しさん@おーぷん2018/02/22(木)16:22:08 ID: ID:Pn8

・>>632の彼女は筋肉がセクシーだと感じてる
・セクシーなものが構築される様を見たい!
・でも黙って見てるのもアレだからとりあえず応援する

みたいな流れかな。
「鍛えてる最中ってのは言わばムダ毛処理みたいなものだから、
キレイになってからあたしのカラダを堪能して!」
って説得すればどうだろ。




646名無しさん@おーぷん2018/02/22(木)16:38:34 ID: ID:Hys

>>645
確かに筋肉の動きを確認するために脱いでトレーニングしてるけど…




647名無しさん@おーぷん2018/02/22(木)16:52:59 ID: ID:TMR

筋トレもいいが頭も鍛えろ
彼女のこと一番詳しいのはあんただろ
これから何か彼女に伝えたいことがあるたびにネットで相談するのか?

たとえ一時的に傷つけるかもしれなくても
あんたが考えて伝えてフォローしないといけないだろ
彼女との関係を長続きさせたいなら自分の頭使え




650名無しさん@おーぷん2018/02/22(木)18:25:30 ID: ID:7R3

>>647
別にこの事以外相談してねーだろ
足りないのはお前じゃん?




651名無しさん@おーぷん2018/02/22(木)18:44:12 ID: ID:DzF

>>650
「傍から見たら馬鹿みたいな相談」と自覚するくらいの事を
彼女の事なんも知らん他者から知恵を借りないとならんような脳筋男だから
今後もこういう下らん事で他者の知恵借りなきゃやっていけないんじゃ
ダメだぞーって心配&忠告してるんじゃん?




655名無しさん@おーぷん2018/02/22(木)23:35:51 ID: ID:5Oh

真面目なお願いを真面目な雰囲気で出来ない時点で終わってるわ

>「そっか…迷惑かけてごめん…(マジ凹み)」というリアクション

↑なんでこのリアクションで困るんだ?
そこからのフォローこそがパートナーだろうが
それが出来ないなら、お前さんと彼女さんの関係は上辺だけのもので終わるだろう
前も、先も、上も、なーもないうっすいかっるい生活をするしかないさ




656名無しさん@おーぷん2018/02/23(金)00:24:44 ID: ID:NZK

>>655
そこだよね

拒絶するから、迷惑かけてごめんという発想になっちゃう。
君が化粧してる最中に応援されたら微妙でしょ?とか、
本人に自然と分からせなきゃいけないことなんていくらでも出てくる




643名無しさん@おーぷん2018/02/22(木)15:45:47 ID: ID:S0e

>「彼氏が苦しそうな顔で頑張ってるから応援しよう」
>というシンプルな理由だと思われる

多分だけど、あなたが思ってるほど
彼女はなんも考えてないよ

なんかやってるーじゃあ応援だー程度だから
やめてほしいなら冗談めかさずちゃんと言わないと意味ない
それでへこむなら彼女は自分勝手すぎるし
これから先、もっと大切な話し合いも真面目にできなくなる合図だよ

ちゃんとした理由話しても落ち込ませるだけってのは
彼女の器が小さいといってるような気がしないでもない




アクセスが多い人気記事!

アンテナサイトを経由して記事に移動します


  • このエントリーをはてなブックマークに追加