引用元:今までにあった修羅場を語れ 35話目

139おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/08/08(火)06:24:10.59 ID: qv2NiaWF.net

俺が大学生の時にあった修羅場。

当時はまだ実家暮らししてたんだけど、その実家の近所に中学生の息子が住んでる家があった。
その家、少し前から息子が父親に暴力ふるう様になってたんだけど、居酒屋のバイト帰りにその家の前に通った時、玄関先でその父親に馬乗りになって顔面を殴りまくってるところに遭遇した。
事情の方もちょっと察してただけに、流石に見て見ぬ振り出来なくて仲裁に入ったが、その息子がまた体格が良くさ。しかも完全にキレてて、思いっきり顔殴られた。
とりあえず息子を落ち着かせて、父親とその息子は家の中に戻っていった。
二人とも俺に謝ってくれたけど、殴った息子の方は許せても、父親の方は俺はどうしても許せなかった。

上にも書いてあるけど、その察してた事情が原因。ちなみに息子が反抗期とか、そんな理由じゃない。
俺はその父親が不倫しているのを知ってた。近所だから、その家の家族の顔は見知ってたし、何度か俺のバイト先の近くにあるラブホに、その父親が奥さんじゃない女と入っていくところを見たし、隣県で真っ昼間からその女と腕組んでデートしてるっぽい姿を見た事もあった。
息子が父親に暴力ふるう様になる前から俺はその事知ってたんだけど、あくまで近所で見知ってるだけだったし、他所の家庭に俺があれこれ言うのもよくない気がして、ずっと黙ってる事しか出来なかった。
だけど、何がきっかけは知らないけど、息子も父親の不倫に気付いたんだろうな。だって息子の暴力が始まる前までは、普通に仲の良い親子って感じで、怒鳴り声が聞こえる様になったのも突然だったって、俺の母親が言ってた。




ふよ速人気記事


140おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/08/08(火)06:25:49.22 ID: qv2NiaWF.net

続き

それから暫くして、父親の姿を見なくなったけど、離婚した事は俺の母親から聞いてたし、だろうなぁとは思った。

その後もその息子と母親はずっと暮らしてて、俺が結婚した後にその息子から直接聞いたというか、聞かされた話。
父親が癌で亡くなったそうなのだが、入院した時に連絡があって息子だけが見舞いに行ったらしい。
末期で余命少ししかない父親に「そのまま独りで寂しくタヒんでいけ。お前の葬式なんかしてやらないし、骨だって引き取るつもりはない。だから墓も無いし無縁仏になっちまえ」的な事を笑って言ってやったと、その息子に笑顔で語られた。

父親の方は自業自得だとは思う。
でもさ、その笑顔で語られた時の息子の顔が少し狂気的な感じがして、その時も俺にとっては内心修羅場だった。




141おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/08/08(火)08:09:42.04 ID: lUJpeQdZ.net

創作




142おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/08/08(火)10:48:03.84 ID: mXcMnsyW.net

殴られる、修羅場
狂気的な表情を見た、修羅場じゃない




143おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/08/08(火)10:50:27.17 ID: P1pFOfty.net

既視感のある話




144おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/08/08(火)13:12:13.97 ID: qv2NiaWF.net

136-137です。

>>141
まぁ、創作って言われるだろうなとは思った。
内容が嘘っぽく感じるならそれはそれで仕方ない。どう見るかは人それぞれだし。
ただ文章のまとめ方とかが悪くてそう感じたなら、それは申し訳ない。自分なりに頑張ってまとめたんだが、気分悪くさせたなら本当にすまん。

>>142
そうか、あのヤバい顔を見た時は修羅場とは言わないのか。
俺的にはずっと忘れられなくて、今でも怖い。心霊写真とかよりも怖い。
ちなみについ最近テレビでやってた心霊特集見て、そんなのよりもこっちの方がずっと修羅場だと思って書いた。
まぁ、心霊体験なんて今までした事ないんだけどな。

>>143
嫁や親兄弟とかにはこの事話してたから、もしかしたらどっかで書いてたのかも?




145おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/08/09(水)00:25:32.43 ID: tafdByBs.net

まあ生きてる人間が一番怖いよなー




146おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/08/09(水)20:22:27.70 ID: 5Nw/o2bb.net

>>145
全くだ




アクセスが多い人気記事

アンテナサイトを経由して記事に移動します



  • このエントリーをはてなブックマークに追加