1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:04:51.66 ID:jlJ0ZQ0b0
貼ってけ

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:08:03.68 ID:tOyGKAkK0
めっさ子供思いの優しい母親の

「ね!ね!殺しましょ!殺しましよ!」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:13:27.29 ID:jlJ0ZQ0b0
>>5
横浜での話だったと思う
中学生くらいの男の子と母親が信号待ちをしていた
見るからに大切に育てている息子
でもマザコンチックであったり、教育ママ的でもなく、
微笑ましい関係が見ただけで判る、そういう親子

信号待ちをしていた親子に車が突っ込んだ
車は息子だけを轢き、母親は呆然と立ちすくんでいた

周囲の人々が、車の下敷きになった息子を助け出し、救急車を呼び、辺りは人々が取り囲み騒然とした

息子の腕はちぎれ、足は関節がいくつも出来たように折れ曲がっている
その顔は苦痛に歪んでいる
助かるかどうかは判らないが、とりあえず今は生きている

すると母親が突然叫んだ
「殺しましょ、ね、殺しましょ。このまま生きていても苦しいだけだし、
腕もどっかいっちゃったし、足も変だし、殺しちゃいましょうよ、ね、ね、ね!!」

周囲の人々に訴えかける。
救助活動をしていた市民が母親に「お前それでも母親か!」と言っても
「殺しましょ。もう一回車で轢いてよ!」

その後は救急車が来て、どうなったかの顛末は判らない

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:11:09.80 ID:Gw/ql0BG0
牛丼にタンかけて食ってたやつ

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:18:51.16 ID:BRZtA5bl0
>>7
痰壺おじさんだっけ
あれは最高に気持ち悪いわ

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:21:47.52 ID:jlJ0ZQ0b0
>>7
これじゃないよな?


「ストローおじさん」って知ってる?
昔、映画館とかに置いてあったタン壺(みんながカ~ッペ!とタンを吐く壺)に
ストロー突っ込んで全部飲み干すらしいよ。ゴックンゴックン!
ストローが透明だから飲んでるのが丸見え!
たまにハナクソが詰まるらしいけど、思いっきり吸って食べるらしい。スッポン!
ちなみにストローは絶対に洗わない方針だそうです。

「どんぶりおじさん」もいるようです。
タン壺を熱いご飯にぶっかけてジュルジュル流しこむように食べるそうです。
ごはんの上にハナクソとか鼻毛が丸見え!
汁はご飯の隙間を通って下に溜まるけど、全部飲み干すそうです。ゴクゴク!

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:15:34.01 ID:jlJ0ZQ0b0
3年前にガソリンスタンドへ行った時の話。あの痛ましい事故は今でも鮮明に覚えている。
俺がガソリンを入れている最中、隣に空気が全然入ってないタイヤを履いたトラックが止まった。どうやら空気圧の点検を怠っていた為に減っている様だった。
俺は車が汚れていたので、洗車を頼みつつ店内に入って暫く外を眺めてた。
店内からはピット作業をしている所が見れたので、俺はさっきのトラックがピットに入って来たので、ぼんやりと作業を見てた。

で、新しいバイトだと思われる可愛い茶髪の女の子が、先輩の指導を仰ぎながら黙々と作業の手伝いをしていた。作業員が空気の入っていないタイヤを外し、女の子が空気圧を入れる様に頼まれた所で痛ましい事故は起こった。

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:16:12.84 ID:jlJ0ZQ0b0
女の子が5分経ってもずっと空気を入れつづけているので、俺は「トラックのタイヤは空気を入れるのは大変なんだろうな~。女の子なのに大変だな。」と思った瞬間、「ズドン!!」と言う爆音と共に女の子の頭が弾けて赤い血の霧が舞い上がった。
同時に店内の窓ガラスをブチ破って何か光る物が突っ込んできた。
店長が、「救急車呼べ!!一旦店閉めろ!!誰かタオルもってこい!!、〇〇(女の子の名前)の体を抑えてろ!!(激しく痙攣してのた打ち回ってた)」と動転し、俺は何が起こったのか確かめようと、店内に飛び込んできた物を探し出した。
それはトラックのホイールだった。大きさは直径1メートルはあったと思う。

女の子は頭が半分吹っ飛んでいて、ピクピク痙攣しながら「うぅ~、ふぅ~」と細い息をしていたが、俺は彼女がもう死ぬだろうと分かった。
何故なら血にまみれた脳が見えていたのだ。彼女が自分の手で脳みそを抑えていた光景は今でも忘れられない。救急車が到着する間もなく、白目を剥いたまま彼女は死んでしまった。
>>10
次の日にその事故をニュースでやっていて、原因は女の子がタイヤに空気を20キロ入れようとしていたことが原因だった。恐らく、2、0キロと20キロを間違えたのだろう。
普通はタイヤが膨れ上がった所で気付くだろうが、女の子だから分からなかったのだろうか。
それ以降、スタンドに行って女の子が接客をしてくれることになると、俺は「窓は拭かなくて良いです。大変でしょうから自分でやりますよ。」と何もさせないように、そしてあの時のような事が起こらないように気を使っている

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:39:47.10 ID:5ei0gz+y0
>>11
前から思ってたけどトラックのタイヤなら20キロ張っても意外といけるんだよな。
2キロってのはあり得ない。

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:54:50.74 ID:scAorEf50
>>33 トラックや乗用車に使われてるタイヤのゴムにはワイヤーが仕込まれているから、数十倍の空気圧の変化で破裂なんてしないよ。そんな脆いタイヤなら、走行中の衝撃でとっくに破裂してしまうわ。

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 20:04:45.23 ID:5ei0gz+y0
>>53
だからそう書いてんじゃねーかハゲ

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:45:49.91 ID:POGaHh/4O
>>11
トラックのタイヤに空気圧2.0は無いし、そもそも20も設定できるコンプレッサーなんてあったかと大型乗りの俺がマジレス

でも大型がバーストしたら手くらいは簡単に飛ぶわな

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 20:00:40.51 ID:scAorEf50
>>43 乗用車とトラックのタイヤで加える圧力が10倍違うってのもおかしな話だよな。お前は2倍の大きさの風船を膨らますのに2倍の強さで息を吹き込むんでんのかよと

67: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2012/09/13(木) 20:11:02.40 ID:11wwxQ8a0
>>43
2.0無いのは同意
だけど俺が働いてたGSはちょうど20まで設定できてた

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 20:11:20.50 ID:IDeFCXYR0
>>43
大型整備士の俺がマジレスすると、コンプレッサーから直ならエアーはどんどん入る。

タイヤ交換中の昔のタイプのリングが飛んだ首チョンパってネタなら普通にある。
だからリングタイプはネットに囲まれた場所でやらなきゃならない。

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:18:56.29 ID:jlJ0ZQ0b0
誰も貼らないけど貼り続けるお


ある地方の女子大生が東京の大学に進学が決まり、
東京に一人暮らしする事になりました。

とあるマンションで生活を始めているうちに、
ある日部屋に小さな穴があいているのに気づきました。
その穴は隣の部屋に続いていて、何だろうと覗き込みました。

すると、穴の向こうは真っ赤でした。
隣の部屋は赤い壁紙なのかな、と思いつつ次の日も、次の日も
その女子大生は小さな穴をのぞいていました。

いつ見ても赤かったので、隣の部屋が気になった女子大生は
マンションの大家さんに聞いてみることにしました。
「私の隣の部屋にはどういう人が住んでいるんですか?」
すると大家さんは答えました。
「あなたの隣の部屋には病気で目が赤い人が住んでいますよ。」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:21:22.38 ID:7ed2wT1hO
ゾクゾクする
もっとくれ

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:22:58.17 ID:xiwgBJ3k0
経血レバー
イボ

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:37:09.66 ID:jlJ0ZQ0b0
>>17

今日ひとりで、いつも行く喫茶店でコーヒーを飲んでいたら。
一つ前の席にOL風の女性が座っていて、それが超美人!
僕はボーと見惚れていると彼女がハンドバックを持ったままトイレへ行きました。
5分位して帰って来たので、・・・もしやウンチでもしたのか?

今行けば彼女の便臭が嗅げるかも!・・・と思い僕もトイレに入りました。

ちなみにトイレは男女兼用です中に入ると香水の香だけでした。
失敗かと思い念のため汚物入れを開けると。

 あ り ま し た 。

温もりの残るナプ感激して広げると信じられない位の量の

 生 レ バ ー が ドッサリと乗っていました。

その場で全部口に含み僕はまだ暖かい生レバーを全部、口に入れてしまいました。
こんなに大量のレバーを一度に入れた事はありません。
彼女は会社から帰る途中ナプキンを取り替えられ無かったので
溜まっていた分が出たのか半端な量ではありません。
口が膨らんでしまう位の固まりです。

 僕はナプキンをポケットに入れ出ました席に戻ると彼女はまだ居ました。
僕の方を見ています。少し頬っぺたが膨らんでいましたが、
まさか僕の口の中に自分の生理が入ってるなんて思うはずがありません!
僕はゆっくりと彼女の顔を見ながらホカホカの生レバーを味わい食べました。
ズルッと喉を通りました。

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:23:42.33 ID:jlJ0ZQ0b0
51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/14(木) 23:36:07.90 ID:WHX68L9s0 (PC)
風邪ひいてて寒気がするので、
大久保にある病院に行くため西武新宿線のつり革につかまってた。
で、あたまがぐわんぐわんと痛くて、目を閉じて眉間にしわ寄せて耐えてた。

そこで記憶が途絶えて、気がついたら夕方で、あたりは見知らぬ景色。
買ったことない服着てて、髪染めたこともなかったのに茶髪になってた。
パニクって近くのラーメン屋に入って、ここどこと聞いた。大阪市の福島駅の近くで、
時間が一年近く経ってた。ケータイの種類が変わってた。

アドレス帳には、「ま」とか「ひ」とか、一文字の名前で電話番号が10程度あったけど、
知り合いや実家の電話番号がない。
俺はなぜだか知らないがその知らない電話番号が恐ろしくて、川に捨てた。
警察から実家に連絡した。向こうもパニクってた。俺に捜索願が出てた。

とにかく、帰って、今もまだ月一で精神病院に通ってる。
仕事は元の会社には帰れないみたいだったので、今は派遣やってる。

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:25:27.37 ID:jlJ0ZQ0b0
626 :本当にあった怖い名無し:2007/07/28(土) 19:27:03 ID:a/QgcqvI0
大昔、とあるホームページで、「怪我をしたかわいそうな動物に寄付を」というのがあった。
片足が無い犬や、内臓が飛び出た猫たちの画像があり、目を背けたくなるようなものばかり。
だが、回復経過の画像を順を追って掲載していたので寄付もそこそこ集まっていたようだ。

ちゃんと寄付を手術に充てているようで、元気な姿にホッとさせられるホームページだった。
しかし・・・いくら何でも無くなった手足が再生するか?見るからに死んでなかったか?
それに、そんなに街に負傷した犬猫がホイホイいるものか?

疑問に思い、ふと画像のファイル作成日時を調べてみた。
完治後の姿の画像は、無残な姿で横たわる画像より以前に作成されていた。

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:25:27.39 ID:0XsHb6I3O
私の母は昔から体が弱くて、それが理由かは知らないが、
母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えない質素で見映えの悪い物ばかりだった。
友達に見られるのが恥ずかしくて、毎日食堂へ行き、お弁当はゴミ箱へ捨てていた。
ある朝母が嬉しそうに「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ」と私に言ってきた。
私は生返事でそのまま高校へ行き、こっそり中身を確認した。
すると確に海老が入っていたが殻剥きもめちゃくちゃだし
彩りも悪いし、とても食べられなかった。
家に帰ると母は私に「今日の弁当美味しかった?」としつこく尋ねてきた。
私はその時イライラしていたし、いつもの母の弁当に対する鬱憤も溜っていたので
「うるさいな!あんな汚い弁当捨てたよ!もう作らなくていいから」とついきつく言ってしまった。
母は悲しそうに「気付かなくてごめんね…」と言いそれから弁当を作らなくなった。
それから半年後、母は死んだ。私の知らない病気だった。母の遺品を整理していたら、日記が出てきた。
中を見ると弁当のことばかり書いていた。
「手の震えが止まらず上手く卵が焼けない」 日記はあの日で終わっていた。


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:29:39.89 ID:tT6nwkUP0
>>22
キツイ
これ実話なのかなー

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:35:14.24 ID:xTtHu0gv0
>>22これだけはマジで無理
あと、お父さんのお弁当のやつも

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 20:00:50.95 ID:96ItfDy10
>>25
これ

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:43:14.14 ID:fLK1p5WU0
>>22
中学の頃これに近いことばーちゃんに言ったことある
作り話でもキツイ

24: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2012/09/13(木) 19:30:22.73 ID:UaSu7qBP0
456 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/27(日) 04:44:44 ID:O7kzZ8gX0
じわ怖といえば最近の俺のカーチャンだなw
なんかさー、最近夜中に外に出るんだよ。パジャマ姿で。
この間寝つけなかった時、玄関の鍵の音がしたんだよ。がちゃって。
それで気になって窓から玄関の方を見下ろしたら、カーチャンだったんだよ。
んで、キョロキョロ辺り見まわして公園の方に向かっていったんだよ。
それから時意識して見るようにしてたんだけど、決まって土曜の夜中みたいだ。
今日も出かけてったよ。一時間前に。
でも、そん時にまた窓から見てたらカーチャンと目があったっぽいんだよね…。怖ええw
まだ帰ってきてないけど、帰ってきたら、っつーか明日なんか言われんのかな
とか思ったらどうにも眠れんorz


457 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/27(日) 04:49:09 ID:O7kzZ8gX0

a


458 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/27(日) 04:52:39 ID:O7kzZ8gX0

うそうそ。変なことを書いてごめん(笑)
上に書いてあるの全部作り話だよ。本当にごめんなさい。
気にしないで。もう寝ましょう(笑)

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:39:04.10 ID:scAorEf50
>>24 このコピペって笑の記号がwから(笑)になってるけど、別の人間が書き込んだってこと?

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:39:32.71 ID:5AggXxx+0
>>31

26: みりん 2012/09/13(木) 19:35:18.23 ID:OIO0vy4y0
かんごふ
さんにこ
ろされる
たすけて

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:43:32.89 ID:jlJ0ZQ0b0
>>26

Saga2は思い出のソフトなんだ……今でもよく思いだしては切なくなってます。

俺さ、産まれた時から酷い小児喘息だったのよ。
夜中にかーちゃん起こして病院連れてってもらうなんてしょっちゅうだったし、
小学校あがって更に病状が悪くなって。もちろん体育なんかでれないし、
みんなと外で遊ぶ事すらできなかった。

んで、小五になってからほぼ毎日病院行って吸入するくらいまで悪化しちゃって、
そのまま3週間入院する事になって。。。

んでね、そん時4人部屋の病室だったんだけど
二人はおばあちゃんとおじさん、んでもう一人は俺と同い年くらいの女の子だった。
俺、昔からすげぇ人見知りが激しい上に物凄い照れ屋で、なかなかその同室の人達と仲良くなれないで
一人で勉強してるかゲームボーイやってるかだったのよ。
そん時家から持ってきたソフトが「Saga2」で、もう一回クリアしたやつだったんだけど
ヒマだしもっかいやるかな、って毎日やってたワケさ。

んで入院して一週間立った頃、俺がゲームボーイやってる時は
なんかその同室の女の子がじーっとこっち見てる事に気づいたんよ。俺が彼女の方みると慌てて目逸らすんだけどね。
もしかしてやってみたいのかな?と思って、「良かったらコレ借そうか?」って聞いたのよ。
そしたら目ぇ輝かせて「いいの?」っていうもんだから、「もう飽きたからな」とか照れ隠しして借してあげたさ

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:44:43.18 ID:jlJ0ZQ0b0
>>41続き
でも案の定操作が分からないらしく、画面とずっとにらめっこしてるもんだから
俺が操作教えながら一緒にゲーム進めることにしたんよ。
パーティーは人間・男の主人公「リョータ(俺の名前)」で、仲間は人間・女「さやか(彼女の名前)」
あとはエスパーガールとロボットにそれぞれ同室のばあちゃんとおじさんの名前つけたっけ。

それからどんどんそのコと仲良くなって、二人でゲームボーイやるだけじゃなく、色んな話もするようになった。
学校の事、家族の事、好きな音楽の事、近くに迫った夏休みの事…

それからの時間はあっという間だった。すぐに俺が退院する時がやってきた。
看護婦や同室のおじさん、ばあちゃん達が口々に「おめでとう」って言ってくれてる中
彼女だけ泣いてた。それ見て俺も泣きそうになったさ。でもグッと堪えて
「オマエ退院するまでコレ借してやるよ。退院したら連絡くれよな」ってそのままゲームボーイとSaga2置いていったのよ。

それから何回もお見舞しに行こうと思った。…でもいざ行こうかと思うとなんか照れくさくて行けなかった。
連絡がないまま1年半が過ぎて、俺も小学校を卒業する頃になった。
せめて卒業前にもう1度会っておきたいな、と思って意を決してお見舞に行く事にしたんよ

病室に行ったけど彼女はいなかった。病室入口の名前欄にもない。
もうとっくに退院してたのかな…?と思ってとりあえずナースセンターで聞いてみた

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:46:00.98 ID:jlJ0ZQ0b0
>>42続き
「遠い所にいった」とかうまくはぐらかされたけど、俺も小6だったし、そこまでバカじゃない。
その場の空気や後ろの看護婦が泣き出したのを見ても明らかだった。
俺がショック状態で呆然としてる中、その看護婦が
「ああ、そういえばさやかちゃんから、リョータ君が来たら渡しといて、って言われた物があるのよ」
と言って俺にそれを渡してくれた。借してあげたゲームボーイとSaga2だった。

俺はそれを受けとって家に帰った。
帰るなりメシも食わないで、暗い自分の部屋でゲームボーイのスイッチを入れた。
懐かしいあのOPの音楽。それと一緒にでてくるロード画面。
一つは彼女と俺が一緒にプレイしたデータ。あの時からほとんど変わってない。
懐かしさと悲しさで胸がいっぱいになった
もう一つのデータはやたらレベルの低いデータだった。
最初から始めてすぐ飽きたんかな?と思ってそのデータをロードしてみた。

パーティー四人の名前がこうなっていた。


「かんごふ」

「さんにこ」

「ろされる」

「たすけて」

46: みりん 2012/09/13(木) 19:48:03.44 ID:OIO0vy4y0
>>45
ありがとう!

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:49:56.30 ID:BRZtA5bl0
>>45
これもともと「りょーた」「いままで」「ありがと」「ばいばい」で感動系の話なんだよな
看護婦が泣くとことか辻褄あってないしな

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:59:13.67 ID:CPtlGv7Si
>>50
だよね

なんでこんなクソみたいな改変したんだか

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:40:51.85 ID:uIrj045N0
幼馴染と俺は結婚した。
翌年には娘もできた。満ち足りていて幸せだった。次の年離婚して欲しいといわれた。納得がいかず裁判になった。
妻の性格の不一致という理由だけで裁判に負けた。それでも妻と娘を愛していた。3ケ月後元妻が再婚したと聞いた。

再婚相手は俺の幼馴染の親友だった。結婚式のときにスピーチをしてくれた仲だった。それでも養育費を払い続けた。
ある日、娘に会いに行ったとき元妻から「もう娘に会いにに来ないで」といわれた。納得がいかないので理由を聞いた。

実は娘は俺の子供ではなく今の夫の子供だといわれた。怒りよりも絶望が大きくて言葉が出なかった。うつ病になった。

翌年元妻と親友が交通事故で死んだ。娘は生き残った。俺は娘の引取りを拒否した。俺の実家が娘を引き取った。
親失格といわれ実家から勘当された。

娘が俺の子供じゃないのは俺のみが今は知る。この秘密は墓場まで持っていくつもりだ。

今は養育費を毎月実家に払っている。これが俺の精一杯だ。
娘と会うと吐き気がしてしまう。娘は彼女の親によく似ているから・・・・


誰か俺を救ってくれ・・・・・

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:40:52.71 ID:jlJ0ZQ0b0
過去に一度池沼にレイプされかけたことがある。
東京駅のトイレ。鍵かけてたのに、蹴破られた。
清掃のおじさんが二人掛りでなんとか助かったけどあの時、昼間の人が多い時の清掃の時間じゃなかったらきっとそのままレイプされた。

池沼の親は「すいませんこの子はまだ子供なんです」って言ってたけど
体は大人だったわけで、私はその大人に力の限り殴られて押さえつけられて脱臼したわけで
未だに池沼の大人を見ると怖くて仕方がない。

当時私はまだ15だったので警察を呼んでもらったけれど、池沼は施設に放り込まれただけで、まだ生きてたらきっとそこら辺を歩いている。あの親と一緒に。

警察を呼んだことで親共は私のことをあり得ないくらいの大声で罵倒したけど、駅員さんが一括してなんとかなった。

私は助かったけど、多分、だめだった人もいるはず。
ネタであって欲しい。
でも、現実は、ひどすぎる。

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:41:21.98 ID:xTtHu0gv0
(^p^)(…・・・最近よく思うことだが)

(^p^)(位相幾何学というものはあらゆる物体に通用するのではないのか?)

(^p^)(たとえば立方体を正面から観察する。次に俯瞰で観察する)

(^p^)(私の主観では感じることができないが、
理論上同一のものを別の方向から観察する)

(^p^)(つまりA→Bに変わるまでの→の時間を入れるとすれば)

(^p^)(位相幾何学に分類されるのではないか……?)

母「たかしちゃんどうしたの? ブロック見て俯いて……」

(^p^)「あうあうあーwwwwwwww」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:42:25.20 ID:8Xw30WPC0
ガリガリの子供のコピペがトラウマ
あれ怖すぎ

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:48:53.19 ID:jlJ0ZQ0b0
>>37

漏れにはちょっと変な趣味があった。その趣味って言うのが、
夜中になると家の屋上に出てそこから双眼鏡で自分の住んでいる街を観察すること。
いつもとは違う、静まり返った街を観察するのが楽しい。遠くに見えるおおきな給水タンクとか、
酔っ払いを乗せて坂道を登っていくタクシーとか、ぽつんと佇むまぶしい自動販売機なんかを見ていると妙にワクワクしてくる。
漏れの家の西側には長い坂道があって、それがまっすぐ漏れの家の方に向って下ってくる。
だから屋上から西側に目をやれば、その坂道の全体を正面から視界に納めることができるようになってるわけね。
その坂道の脇に設置されてる自動販売機を双眼鏡で見ながら
「あ、大きな蛾が飛んでるな?」
なんて思っていたら、坂道の一番上のほうから物凄い勢いで下ってくる奴がいた。
「なんだ?」と思って双眼鏡で見てみたら全裸でガリガリに痩せた子供みたいな奴が、
満面の笑みを浮かべながらこっちに手を振りつつ、猛スピードで走ってくる。
奴はあきらかにこっちの存在に気付いているし、漏れと目も合いっぱなし。
ちょっとの間、あっけに取られて呆然と眺めていたけど、
なんだか凄くヤバイことになりそうな気がして、急いで階段を下りて家の中に逃げ込んだ。
ドアを閉めて、鍵をかけて
「うわーどうしようどうしよう、なんだよあれ!!」
って怯えていたら、ズダダダダダダッって屋上への階段を上る音が。明らかに漏れを探してる。

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:49:54.26 ID:jlJ0ZQ0b0
>>48続き
「凄いやばいことになっちゃったよ、どうしよう、まじで、なんだよあれ」
って心の中でつぶやきながら、声を潜めて物音を立てないように、
リビングの真中でアイロン(武器)を両手で握って構えてた。
しばらくしたら、今度は階段をズダダダダッって下りる音。もう、
バカになりそうなくらいガタガタ震えていたら、ドアを
ダンダンダンダンダンダン!!
って叩いて、チャイムを
ピンポンピンポン!ピポポン!ピポン!!
と鳴らしてくる。
「ウッ、ンーッ!ウッ、ンーッ!」
って感じで、奴のうめき声も聴こえる。
心臓が一瞬とまって、物凄い勢い脈打ち始めた。さらにガクガク震えながら息を潜めていると、
数十秒くらいでノックもチャイムもうめき声止んで、元の静かな状態に……。
それでも当然、緊張が解けるわけがなく、日が昇るまでアイロンを構えて硬直していた。
あいつはいったい何者だったんだ。もう二度と夜中に双眼鏡なんか覗かない。

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:42:37.01 ID:gul5CxNl0
気づいてはいけないことに気づいたwwwwwwww


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/15(火) 18:56:08.21 ID:kZ/gqtZ20
エロゲってリア充の日記じゃね?wwwwwwwwwww
リア充主人公がモテまくってんの見てるだけじゃんwwwwwww
そう考えたらエロゲが急につまんなくなったwwwwww









もう、死ぬしかない

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:48:34.93 ID:Q+wrOuET0
今、酔っぱらって帰って来て歯を磨いたらなんだか口が生ぬるかったので
ペッと吐いたら 血がドロドロと出てきた。
よくみたら歯ブラシじゃなくって T字カミソリだった。
口の中はもちろんの事、歯茎まで勢いよくゴシゴシしてしまった。
ベロより歯茎のほうが悲惨で何カ所もベロンと皮がめくれてしまいました。
生まれてきて一番痛い・・・。血が止まらない・・・。掲示板どころじゃない・・・。
少し横になろう・・・。

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:51:06.19 ID:jlJ0ZQ0b0
『走る男』
そうタイトルだけ記された、何とも斬新? なパッケージのビデオ。
「しょうがない、どうせ百円だし暇つぶしになればそれでいいか」
Aは自宅に帰ると早速ビデオを再生した。
タイトルも出ずに、いきなりホームレスのようなボロボロの服を着た痩せ型の男が走っている映像が映し出された。
「? 手に何か持っている…鋸だ。何で鋸なんか持っているんだ?」
それにしてもこの男、こんな全力疾走しているのにバテるどころか汗一つかかず、スピードを落とす気配さえ一向に見せない。
「ん…? そう言えばさっきからこの男、見たことあるような道を走ってないか?」
Aは段々と胸騒ぎがし始めた。…嫌な予感がする。
「あれ? この道は…? この角を曲がったら…?」
次のカットで胸騒ぎは確信になった。
ああ、ヤッパリだ。この男は家に向かってきている。
しかし、気付いたときには男は家のすぐ前まで着いていた。
いつの間にか、カメラは男の視点になっていた。
画面は古いアパートのAが住んでいる二階部分を映している。
急いでベランダから外を覗くと…いる。あの男が。
男は迷わずベランダの柱を鋸で切り始めた。
訳の分からないAはとりあえず、
「おい! なにすんだよ! やめろよ!」
と男に怒鳴った。
すると男はAを見上げた。Aは思わず息をのんだ。
画面からは確認できなかったが、男は両目がロンパッてカメレオンのようだ。
そしてボロボロの歯をむき出しにしてニヤッと笑い、走って視界から消えたかと思うと、階段を駆け上がる音が聞こえる。
「ヤバい! ここに来る!」
鍵を閉めようと玄関に急ぐが、男はもうそこに立っていた。
居間まで追いつめ、鋸を振りかざす男。Aはとっさにリモコンで停止ボタンを押した。
その瞬間、男は居なくなっていた。鋸もない。
Aはすぐにビデオからテープを引っ張り出してゴミ箱に捨てた。
Aの部屋のベランダの柱には、深々と鋸の痕が残っていた。

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:53:25.41 ID:jlJ0ZQ0b0
34 名前:3/3:2010/07/03(土) 22:07:40.95 ID:G7E0XNa3P
30 名前:実況厳禁@名無しの格闘家 投稿日:2006/07/10 09:33:54 ID:1eItpzrc0
どの局が一番実況うまい?

31 名前:実況厳禁@名無しの格闘家 投稿日:2008/12/7 10:01:19 ID:EG2wzFY80
何でこのスレこんな過疎ってんの.

32 名前:実況厳禁@名無しの格闘家 投稿日:2008/12/7 10:01:50 ID:8bF6c/wo0
ここにいるよ^^

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 20:18:37.17 ID:XUBj1GVq0
>>52
コワイヨー

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:56:20.75 ID:GHeSvL/j0
ふりかけは賞味期限が有ってないような物だと思っていました。
ましてや 今回ご飯に掛けたふりかけは未だ有効範囲内だったので、
全く問題ないと思っていました。

只、開け口が全開だったのでしめっていることが、
少し気になりましたが、 それでも特に意識せずに掛けてみました、
妙にしめって固まってべたついているなぁと思いましたが、 沢山掛けてそのままご飯を食べました。

なんか、味がおかしいなぁと少し思いましたが、 ふりかけが腐るなんて考えられなかったので、
しめっているのが原因と思いそのまま食べました。

特に上にたっぷり掛かったふりかけを混ぜずに、
ふりかけの掛かっている部分を全て食べてから、 未だご飯が残っているので、

もうこれでこのふりかけも無くなるなぁと思いながら、
最後のひとふりまで更にご飯に掛けて、 何気なくそのご飯を見たところ、
何と??ご飯が動いている?

えーっ?
良く見れば細かい甲虫が何匹もご飯の間を行ったり来たりして居るではありませんか!
もっと良く見ると細長いウジ虫らしき物もごそごそ居ます。

ショックですぐに吐きに行ったのですが、 殆ど何も出てきません。
喉がいがらくて気持ち悪いです。

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 19:56:56.61 ID:jlJ0ZQ0b0
夜のび太が寝ていたらトイレに行きたくなってトイレに向かってたら電話が鳴って
とってみると雑音ばかりで聞きにくかったけど「2日・・ど・・(ザーー)・・・つかうな!」と声が聞こえた
怖くてこれは夢だよねみたいな感じで無かったことに。
その2日後のび太がしずかちゃん家に遊びに行くからドラえもんにどこでもドアを
貸してもらったけど着いた先は何もない真っ白な空間。
その瞬間ドラえもんが真っ青になってどこでもドアが壊れたのかも・・・と言って
ドアを開けてみるがその向こうは同じ白い空間。ドラえもんが
タイムでんわを出して2日前の自分達に助けを呼ぼうとしたら急に周りが暗くなって
ドラえもんが叫ぶ声が聞こえてのび太が手探りでドラえもんを探すけど見つかったのは
タイムでんわだけ。ちょうど過去に繋がってたけど雑音で何も聞こえない。のび太が
「2日後どこでもドアを使うな」って叫んで終わりだったはず。



無限ループって怖いな

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 20:00:22.06 ID:jlJ0ZQ0b0
122 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/21 00:30
昔、某放送局でお茶酌みや書類整理のアルバイトをしてた。
いまはお台場に移転して綺麗なビルになっている某放送局。
当時はすっごいふるいビルでエレベータも、ボタンを押し込むタイプ(ラジオ会館のやつと同じと言えばわかる人も居る?)だった。
そのエレベータが、良く途中で止まった。
最初は孤独感と怖さでガクブルだったけど、非常ボタン押せば、すぐに警備員さんと話が出来て復旧してもらえるので、慣れたら「またか・・」って感じになってた。
ところがある日から、そのエレベータに夜中に乗ると、下からうめき声が・・・という噂になった。
書類整理という仕事柄、作業が夜中に及ぶ事も多く、ちょっとそのエレベータを利用するのが怖くなった。
それから数週間後、深夜作業で大量のコピーを破棄しようと台車に箱をいくつも積み引きながら後ろをみぃみぃ歩いた。
エレベータのボタンを押す。
「ち~ん」という音とともに扉が開く・・・・進もうと思うと背筋に冷たい風。
振り返ると、そこは真っ暗・・・・「・・・・箱が来てない!!」腰が抜けた・・・。
あわや8階から転落・・・というところだった。
私は部屋に戻り警備員を呼びエレベータを使用禁止にしてもらった。その日はタクシーで家に戻った。
翌日、いつもどおり出社すると、ビルの前にパトカーが数台・・。
何事かと聞くと、エレベータ坑の中に人が落ちてた・・・というのだ。後から聞いた話だが、死後数週間。
恐らく、転落してから3~5日は生きていたのではないか・・・ということだった。
噂になったうめき声は・・・・。

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 20:15:10.57 ID:gg88omU0O
>>58
これはやべえ

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 20:05:51.83 ID:jlJ0ZQ0b0
604 :名無しさん@Before→After:2009/02/13(金) 07:00:49 ID:bH/xjN8d
早い話もう鼻に打つの止めたほうがいい。絶対に。
私は5年間ほど鼻にヒアル打ち続けてたんだけど、
ある日から打ったところの皮膚に感覚が無くなっていった。
触るととてもプニプニしてる。
数日間、あれ? あれ? ってな気分だった。
そして悪夢のあの日、裂けた。打ったところが力なく裂けた。
鼻の根っこの部分の皮膚がぺリって裂けて、そこからオレンジっぽくなった透明なヒアルがぬるぬるこぼれてた。あまりの恐ろしさに声が出せなかったよ。
それから自分の体の皮膚を鼻に移植したけど、顔面が見てられなくなった。泣いて泣いて泣きまくった。自殺未遂も起こした。
たかが見栄のためになんてことしたんだと思った。この顔のせいで恋人も出来ない。友達にも会えない。親族にも会えない。
仕事は馬鹿な男だらけの暗い工場しかない。つらい。孤独。死にたい。ああああああああああああああああああああああああ死にたい死にたい死にたい死にたい死にたいああああああもういやだもういやt
憎い憎い憎い憎い憎い。低い鼻を冗談めかして馬鹿にした元同僚とヒアルロン酸は安全ってぬかしたあの医者が憎い。もう憎悪しかないよ。。。。。
外見じゃなく内面を磨けってこのスレの人たちには言いたい。。。。。
後悔して医者訴えて大金支払われてもたった一度きりの人生には変えられない
不幸な毎日が死ぬまでずううううううううううううっと続く

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 20:06:29.81 ID:GGFZ1kgx0
暑いね。暑い時はもちろん?二郎w

もう行列に並んでる最中から、夏だから汗がダラダラ。
ちなみにオイラみたいな力士体型だと、だいたい3月から11月までは夏ですね。

やっと順番がきて、大豚Wの札を置くのはモチロン全マシマシ。
カウンターに置かれた二郎を面前に置くだけで、もうサウナ状態汗ボトボト。
ただでさえ暑いのに熱い二郎に厚い豚で二倍にウマウマ。

オイラの体中から汗とアブラと肉汁が染み出し、脇の下は糸を引く。
にんにくと豚を口に含み、飲み込む前に麺を一気にすするのが、いい音のゲップを出す秘訣、ゲップゲプ。

徐々にマシマシだった二郎がマシになり、普通になり、やがてスープまで少なくなってオイラもマジ。
もう体中はビチョビチョ。毛穴は背脂がつまってギトギト。

帰り際に、横に女性の方がいたので、シルシル状態の体をビビッと震わし(秘技・汁スプラッシュ!)
彼女は驚いた顔でこちらをジロジロ。
「元は二郎、大丈夫。汚くないよ、自然に還っただけ。」

MY汁で、もうTシャツが黄ばんでもオイラはまだまだ。

今度、2chで二郎オフがあると聞いた。みんなといっしょに二郎を食べよう。二郎万歳!大好き!

以上、レポっす。

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 20:24:09.27 ID:jlJ0ZQ0b0
ア●ル周辺がかぶれたので、ケツ丸出しでしゃがんで薬塗ってたら
バランスを崩して自分の手の上に尻もちついてしまった。

下敷きになった左手の中指が折れ
薬を塗っていた人差し指がア●ルに突き入れられて
変な方向に曲がって脱臼して
おまけに中を爪で傷つけてしまって
痛みのあまり、素っ頓狂な悲鳴をあげた。

それらが一瞬の内、ほぼ同時に起こった。
擬音で現すなら

ドスンッペキコキッズブッゴリッぴゃえあ゛っ!?

痛さとショックで、しばらく指をア●ルに突っ込んだまま動けなかった。
その後、なんか色々と悲しくなって、さめざめと泣いた

82: これかしら 2012/09/13(木) 20:28:47.29 ID:GGFZ1kgx0
ロンブーの番組で『オレの彼女をナンパしてくれ』みたいな
企画ありましたよね?お持ち帰りされるか試すやつ。
あれまだやってんでしょうか。


高校卒業して上京、っつっても実家埼玉なもんで
東上線に揺られて南下、数10分てとこですが。
一人暮らしをはじめたオレは某区の映像系専門学校に通ってました。
実家からも通える距離ではあんですが、
当然大学に進学するもんだと思ってた両親との関係も
ぎくしゃくしてたしね。

中学高校とずっと内気だったオレには友達と呼べる奴もいなく、
地元に未練はなかったんです。とにかく家を出たかった。
誰もオレを知らない場所でなんたらって、まぁよくある話。


高校ん時、部活にも入ってなかったおれの楽しみといえば、
ビデオ屋や、たまに池袋まで学校サボって観に行ったいろんな映画。
本数観りゃあ、退屈な毎日の何かを埋められると思ってたんだね。
とりあえず映画にはそこそこ詳しくなった。

映像関係の仕事に就きたいって夢らしきものもできた。
でも何かが足りない。何かがいろいろ足りない。

84: くっそなげーぞこれ 2012/09/13(木) 20:29:19.68 ID:GGFZ1kgx0
内向的で、自意識ばっか膨れあがった典型的なモテない高校生だった
オレに彼女なんかいるはずもなく、当然オレは童貞でした。

専門学校に入ってまずオレは性格変える努力をしてみた。

つまんねー話にも興味あるふりしたり、
人の目を見て話してみたり。
知ってるか?慣れない人間には難しんだこれがすごく。


すぐ挫折。結局、集団作業なんかにも馴染めず、
授業も思ったより退屈で、ドロップアウト寸前。
もはや何をやるにも冷笑的で、
どいつもこいつも才能ねーってかんじで周りを見下す、
いま思うとほんと厭な奴になってた。



そんなおれに話かけてきたのが彼女だったんです。

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 20:29:58.10 ID:GGFZ1kgx0
彼女(当時はモデルの田中美保?とかいう人に似てると言われてたので
仮に美保としとく)は小柄で色白で、
別に特別美人てわけでもないんだけど、
男ならついちょっかい出したくなるような
可愛らしい雰囲気のコでした。


福岡の女子高を出て上京、少し引っ込み思案な所もあったけど、
優柔不断てワケでもなく、自分の意志ははっきりと伝える
芯の強いコだったと思う。

後から聞くとクラスから浮き気味だったオレが気になってたそうです。

初めは映画の話から。
美保はヴィンセント・ギャロやウォン・カーウァイ、行定勲といった、ぱっと見オシャレな映画が好きだった。

当時のオレはそういった雰囲気だけの中身スカスカ映画に
いいかげん食傷気味だったのと、
この世間知らずなアヒル口をいじめてやりたいっていう、
いささかサディスティックな欲望とで、
美保が楽しそうに語るそれらの作品を片っぱしから
叩きまくってました。おとなげなさすぎ。

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 20:30:17.49 ID:jlJ0ZQ0b0
505 1/4 sage 2010/06/24(木) 14:54:37 ID:2baYGPaj0
会社の同僚が亡くなった。
フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて
家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。

Kのフリークライミングへの入れ込み方は本格的で
休みがあればあっちの山、こっちの崖へと常に出かけていた。

亡くなる半年くらい前だったか、急にKが俺に頼みがあるといって話してきた。
「なあ、俺がもし死んだときのために、ビデオを撮っておいてほしいんだ」

趣味が趣味だけに、いつ命を落とすかもしれないので、あらかじめ
ビデオメッセージを撮っておいて、万が一の際にはそれを家族に見せてほしい、
ということだった。俺はそんなに危険なら家族もいるんだから辞めろと
いったが、クライミングをやめることだけは絶対に考えられないとKは
きっぱり言った。いかにもKらしいなと思った俺は撮影を引き受けた。

Kの家で撮影したらバレるので、俺の部屋で撮ることになった。
白い壁をバックに、ソファーに座ったKが喋り始める

「えー、Kです。このビデオを見てるということは、僕は死んで
しまったということになります。○○(奥さんの名前)、××(娘の名前)、
今まで本当にありがとう。僕の勝手な趣味で、みんなに迷惑をかけて
本当に申し訳ないと思っています。僕を育ててくれたお父さん、お母さん、
それに友人のみんな、僕が死んで悲しんでるかもしれませんが、
どうか悲しまないでください。僕は天国で楽しくやっています。
皆さんと会えないことは残念ですが、天国から見守っています。
××(娘の名前)、お父さんはずっとお空の上から見ています。
だから泣かないで、笑って見送ってください。ではさようなら」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 20:32:27.14 ID:jlJ0ZQ0b0
>>86続き

506 2/4 sage 2010/06/24(木) 14:55:19 ID:2baYGPaj0
もちろんこれを撮ったときKは生きていたわけだが、それから半年後
本当にKは死んでしまった。クライミング中の滑落による事故死で、
クライミング仲間によると、通常、もし落ちた場合でも大丈夫なように
下には安全マットを敷いて登るのだが、このときは、その落下予想地点
から大きく外れて落下したために事故を防ぎきれなかったのだそうだ。

通夜、告別式ともに悲壮なものだった。
泣き叫ぶKの奥さんと娘。俺も信じられない思いだった。まさかあのKが。

一週間が過ぎたときに、俺は例のビデオをKの家族に
見せることにした。さすがに落ち着きを取り戻していたKの家族は
俺がKのメッセージビデオがあるといったら是非見せて欲しいと言って来たので
ちょうど初七日の法要があるときに、親族の前で見せることになった。

俺がDVDを取り出した時点で、すでに泣き始める親族。
「これも供養になりますから、是非見てあげてください」とDVDをセットし、
再生した。
ヴーーーという音とともに、真っ暗な画面が10秒ほど続く。
あれ?撮影に失敗していたのか?と思った瞬間、真っ暗な中に
突然Kの姿が浮かび上がり、喋り始めた。
あれ、俺の部屋で撮ったはずなんだが、こんなに暗かったか?

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 20:34:29.55 ID:jlJ0ZQ0b0
>>87続き

「えー、Kです。このビデオを・・るということは、僕は・・んで
しまっ・・いう・・ります。○○(奥さんの名前)、××(娘の名前)、
今まで本・・ありが・・・」

Kが喋る声に混ざって、さっきからずっと鳴り続けている
ヴーーーーーーという雑音がひどくて声が聞き取りにくい。

「僕を育ててくれたお父さん、お母さん、
それに友人のみんな、僕が死んで悲しんでるかもしれませんが、
どうか悲しまないでください。僕はズヴァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
アアアアアアアアアアアアア××(娘の名前)、お父さん死んじゃっヴァアアアアアアア
アアアアアア死にたくない!死にズヴァアアアアアアアにたくないよおおおおヴヴァアア
アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア、ザッ」



背筋が凍った。
最後の方は雑音でほとんど聞き取れなかったが、Kの台詞は明らかに撮影時と違う
断末魔の叫びのような言葉に変わり、最後Kが喋り終わるときに
暗闇の端から何かがKの腕を掴んで引っ張っていくのがはっきりと見えた。

これを見た親族は泣き叫び、Kの奥さんはなんて物を見せるんだと俺に掴みかかり、
Kの父親は俺を殴りつけた。奥さんの弟が、K兄さんはいたずらで
こういうものを撮るような人じゃないとなだめてくれたおかげで
その場は収まったが、俺は土下座をして、すぐにこのDVDは処分しますと
いってみんなに謝った。

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 20:35:00.79 ID:jlJ0ZQ0b0
>>88続き

翌日、DVDを近所の寺に持っていったら、処分をお願いしますという前に
住職がDVDの入った紙袋を見るや否や「あ、それはうちでは無理です」と。
代わりに、ここなら浄霊してくれるという場所を教えてもらい、行ったが
そこでも「えらいとんでもないものを持ってきたね」と言われた。
そこの神主(霊媒師?)によると、Kはビデオを撮った時点で完全に地獄に
引っ張り込まれており、何で半年永らえたのかわからない、本来なら
あの直後に事故にあって死んでたはずだと言われた。

スカイチューブ すーぱーそに子 水着グラビア ホワイト
<a href=ゆるゆり♪♪ 船見 結衣 (1/10スケール PVC塗装済み完成品) figma 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's フェイト・テスタロッサ ソニックフォームver. (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加