引用元:今までにあった修羅場を語れ【その10】

556その12015/05/16(土)18:47:55 ID: ID:Ax8

勝手に吐き出して逃げますよー。

自分が、ある日会社帰りのこと。
ちょこっとコンビニによったら、昔自分を虐めてたAに出会った。
俺は気づいてたんだけど、Aと一緒に居た彼女っぽい人が気づいてちらちらと俺を見てる。
もしかしたら、彼女に俺のことを話してて彼女もDQNなのかも、と思い逃亡を図る。

でも、運悪くAに見つかる。
A「お前、??(俺の名前)じゃねーかw」
それから始まり、Aは俺の肩に痣ができるくらい強く叩いてくる。
叩きつつ昔の虐めを話ししていると、彼女が急に涙目になりぷるぷると震え始めた。

すると、いきなり彼女が彼氏をグーパン。

彼女「私の弟になんてことしてくれたの!? 一目見たくて、毎日ここに来てたの知ってるじゃん!!」

その後、Aがアタフタする。
俺も頭の中が真っ白になる。

A「え、そんなこと無いだろ? こいつの両親はこいつが生まれる前に母親が原因で離婚したんだし」
彼女「どっちも片親な時点で察しなよ!! うちは、お父さんに育てられたの!!! お父さんが引き取りたいって言っても、お母さんが拒否したから駄目だったの!!」
俺「いや、そんな嘘でしょ?」
彼女「最低、アンタのせいで弟に信じてもらえなくなった!! もういい、結婚止める! 慰謝料払って!!」
A「え、ちょ、待てよ!」

俺は実際母子家庭で、母親から「お父さんは死んだ、一人息子だった」と言われて育ったから、家族なんて居ないんだけどw

結局その日は2人のキチを置いて俺は逃亡しました。
その翌朝、日曜日。
後日、母が真剣な顔をして話を切り出した。
母「ごめん、ずっと騙してたの。本当はお父さんは生きてるの」
俺「え? 嘘だろ?」
母「本当よ、今から会いに行くわよ」
俺「なんでそんな急に?」
母「貴方のお父さんから、貴方に離れた家族のことを話すことを条件に、毎月20万貰ってたの。アンタのせいで、全部パーになりそうなの、行ってきなさい」
俺「ちょ、本当なら、なんで約束破ってんだよ、母さん?」
母「アイツが寂しい思いをさせたから別な人のところに行ったのに、それで離婚なんて酷い真似をしたからね」
俺「ああ、うん。話を聞いた俺が悪かった」

実は、母は昔から自分の都合のいいように解釈をする癖があるんですよね。
謝ったことなんて一度もないし、自分の思い通りにいかないと殴る蹴るとかタバコの火を押し付けるとか普通だったしw
他の家庭とは違うちょっと攻撃的な母でした。




ふよ速人気記事



557その22015/05/16(土)19:06:14 ID: ID:Ax8

ごめんなさい、sage忘れましたね。

そして、その後ナビで父の家の直行。
かなり豪邸でした。

俺「絶対、金目当てで結婚しただろ?」
母「それ以外にいいところのない人だったのよ」

離婚の原因がわかりました。

その後、家に入ると父らしい男の人なら泣かれながら抱きつかれました。
後ろでは、この前のA彼女と男2人が居ました。
話してもらうと、
A彼女:姉
男1:長男
男2:次男

だったらしいです、キチと思ってごめんなさい姉ちゃん。

その後、母は月20万貰う条件の改善を要求されてました。

・俺を父家に住まわせること
・二度と俺に接触しない

どうやら、母が俺にやってた行為は虐待だったらしく、それが原因で父は母を俺に近寄らせたくないらしいです。
母が「俺が居ないと私はひとりぼっちになっちゃう!!」と泣いてたんですけど、金目当てだろうなとわかる自分が嫌でした。

その後仕方なく母は条件を飲みました。
それから、父の家で暮らすようになり会社も止めて高校に通って、大学まで行けました。
どうやら、会社の社長さんが俺のことを調べて姉ちゃんに連絡したらしく、止める時は社長が泣きながら喜んでくれました。

ちなみに、高校入学の時に母がやってきて「働かないなんて最低!! うちの家系は火の車だって言ってるでしょ、そんなお金があるなら私にふじこ!!」
と乱入してきたので、入学式に来ていた父からお金を支払わないことが決定し、縁を切ることになりました。
もう家族には二度と近づかないと念書を書かされたらしいです。

その後、母は元々働いたことにない人だったらしく、お金が無くなるとすぐに俺を探しに来るので、引っ越しました。
(俺は働いてると思ってたので少々びっくりです)




558名無しさん@おーぷん2015/05/16(土)19:14:38 ID: ID:To7

まさかの急展開w

おつかれさまでした。
母親のフリしたヒモのことはすっぱり忘れて
今の家族と仲良くして幸せになれ。




アクセスが多い人気記事!

アンテナサイトを経由して記事に移動します


  • このエントリーをはてなブックマークに追加