引用元:離婚しようかどうか迷ってる人の相談スレ【x40】

54離婚さんいらっしゃい2017/06/01(木)22:31:48.08 ID: .net

【自分の年齢・性別】32歳・男
【相手の年齢】30歳
【結婚年数】3年間
【子供の有無】2歳、0歳
【相談内容】箇条書きで
・結婚後転勤族に
・子供できて「知らない土地で子供育てる自信ない」といい単身赴任(現在単身赴任2年経過)
・話し合いの結果、一緒に暮らすと言いつつも直前で「やっぱり無理」と言われること2回
・向こうの親・祖母は「子供を連れ回すのはかわいそうだから休暇の都度帰ってくるのがいいのでは?」の一点張り(祖母は孫と一緒にいたいから連れ回さないでとも言う)
・嫁はマメな性格じゃないので子供の写真は1週間に1回程度送ってくる(電話一切なし、私の心配まるでなし)
私が子供と一緒に暮らせないことなどまるで考えてくれず。
私はストレスで暴飲暴食。夜もなかなか眠れなかったり正直精神的に辛い日々を送っています。
強く言えば一緒に生活する日も来ないと思い言えず(泣く)。
子供は好きなので不幸にさせたくなく(子供に罪はない)、簡単に離婚など考えたくはない。
でもこのまま誰のいない部屋に帰り、たまにくる子供の写真だけを見て過ごす人生になんの意味があるのか・・・

長くなって申し訳ありませんが誰かの助言がほしいです。よろしくお願いします。




ふよ速人気記事


56離婚さんいらっしゃい2017/06/01(木)23:12:10.99 ID: .net

>>54
転勤族なんてみんなそんなもんだろ。仕事なめてんのか




57離婚さんいらっしゃい2017/06/01(木)23:15:46.78 ID: .net

>>54
離婚うんぬんの問題じゃなくて54が寂しいってことだよね
ここ離婚するかしないかって相談するところだから家庭板とかに適したスレがあるんじゃないかな




59離婚さんいらっしゃい2017/06/03(土)11:57:21.48 ID: .net

>>54
そのまま全部嫁にぶちまければいいんじゃないかな
話し合いでは
うちの旦那だったら嫁は愛してたらついてくるもんだし、二人の問題だろとか良いそうだけど
嫁だって子持ちで離婚なんてなったら行く場所もないし生きて行けないし
はっきりいって嫁のほうが今から離婚なんて不利なことばっかなんだから
離婚をにおわせて戦った方がいいようなきがする




55離婚さんいらっしゃい2017/06/01(木)22:38:46.24 ID: .net

収入面もあるので奥さんと、相談の上 転職考えてみては?




58離婚さんいらっしゃい2017/06/02(金)01:42:06.61 ID: .net

単身赴任になったら即不倫に走る人もいるのに真面目で偉いね




60離婚さんいらっしゃい2017/06/03(土)12:44:40.10 ID: .net

親の介護やら何やらで都会での仕事とかやめて帰ってくる人腐るほどいるのに甘えんな
転勤族やめて地元で働けばいいだろ




61離婚さんいらっしゃい2017/06/03(土)13:02:57.65 ID: .net

奥さん実家頼れそうだし
親権もってかれてもいいなら離婚もいいけど
そう思うくらいでないと離婚をちらつかせるのはすすめない
奥さんにどれくらいなら出来そうか聞いてみたら?
電話してもらうとかたまに遊びにきてもらうとか
最初は少な目にして慣れてきたら電話の日にちや時間を増やしていく
本当は配置転換とか出来ればいいけどね




62離婚さんいらっしゃい2017/06/03(土)21:03:19.94 ID: .net

駆け引きするのは、良く無いと思う 後々溝できるよ 自分の自然体で 相手しないと




64離婚さんいらっしゃい2017/06/04(日)12:34:27.84 ID: .net

話し合いをした結果、>>54は2回もドタキャンされているんだよね
そりゃ自暴自棄にもなるわ
ピーナッツ親子だっけ?嫁も嫁実家も自立出来てないんだな
そうやって何も言わず言うこと聞いてくれる>>54をナメてるだけ
離婚を勧めるわけではないしこのまま別れても>>54の心の傷は一生癒えない
だからここに吐き出した事をそのまま全部嫁に伝えるべきだ
デモデモダッテになっても自分の意思ははっきり伝えた上で結論出した方がいい




65離婚さんいらっしゃい2017/06/04(日)21:50:08.53 ID: .net

離婚は簡単に踏ん切りつかないよ
色々話し合ってみて、相手がどう思ってるかとか自分はどうしたいかとか色々考えていくうちにだんだん見えてくるもの

離婚しても悔いは無いと思えるようになるまで時間がかかる




アクセスが多い人気記事

アンテナサイトを経由して記事に移動します



  • このエントリーをはてなブックマークに追加