引用元:笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】3

426名無しさん@おーぷん2017/03/28(火)05:20:51 ID: ID:WRW

高校生の時の話し。
猫を飼っていた。
ねこじゃらしを買い与えていたが、直ぐになくなり
また買うの繰り返し。多分10本以上。
途中でもったいないと気付き止めた。
どうせ猫も無くしたことに気づいてないと思ってた。

ある日文化祭の振替休日で昼近くまで寝ていた。
すると不思議な音がする。
ジーゴトゴトポトッ
一回だけでない。何回も。
流石に目が覚めると寝ていた布団の周りにねこじゃらしが無数にあった。
一人で混乱してると、ジーって音が聞こえてきた。
音のする方向を見てたら、飼い猫の一匹がねこじゃらしくわえてた。
起きた私を見た途端めちゃくちゃ甘えられた。

そこで理解した。
コイツはねこじゃらしを無くしてたんじゃなくて隠してた。その場所を覚えていた。
今回、平日だから他の家族は居ないが私は居るが寝ている寂しい。そうだねこじゃらしで遊んでもらおう?ってなってひたすら献上してたっぽい。

因みにジーゴトゴトポトッの音は
ジー←ねこじゃらしの穂をくわえてくるから、棒の所が床に擦れるおと。(フローリング)
ゴトゴト←私の部屋畳だから、擦れる音が変わる。
ポトッ←私の耳元にねこじゃらしを置くからその音。

一通りねこじゃらしで遊んだらまたなくなったけど
本人(猫)が覚えてるならいいやってなった。
産まれた時から猫と過ごしてたけど、これが一番衝撃的でした。




427名無しさん@おーぷん2017/03/28(火)08:23:37 ID: ID:eyZ

>>426
うわあああ想像しただけで可愛いいい
寝てる飼い主に遊んでほしくてお気に入りのおもちゃを献上する話、犬で見たことはあるけど猫もやるんだね




アクセスが多い人気記事!

アンテナサイトを経由して記事に移動します


  • このエントリーをはてなブックマークに追加